受付時間

9:00〜18:00

ご予約

毎年たった一人しか選ばれない斎王代になれる!!

毎年たった一人しか選ばれない斎王代になれる!!

京都三大祭の一つ、葵祭

今年は新型コロナのため中止となり、

神事「社頭の儀」のみ関係者だけで無事執り行われました。

見られなくて本当に残念です(>_<)


(京都新聞より)https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/248738

 

今日は葵祭の歴史を踏まえて、葵祭の魅力をお届けします!

 

毎年、5月15日に行われ、起源はなんと古墳時代(6世紀)

そのころ凶作が続き、飢餓や疫病が流行したため欽明天皇が「鴨の神」を祭ったところ、

たちまち国が豊かになったそうです。

以後、平安時代には宮中祭祀として定着し、祭りと言えば「葵祭」と言われ、

『源氏物語』にも書かれたほど有名なお祭りです。

 

現在では平安時代の貴族の装束を纏った行列は数少なく、日本を代表するお祭りです。

全長約1㎞、約500人が御所を出て、下賀茂神社を通り上賀茂神社へ、平安絵巻のように

京都の町を歩く姿は圧巻ですよね。

 

その主役の一人、『斎王代』は絢爛豪華な十二単を纏い、参列します。

昔は上賀茂神社と下賀茂神社に仕えた未婚の皇女が、天皇の代わりに執り行ったため

『斎王代』と呼ばれるようになりました。

初代斎王代は嵯峨天皇の皇女が務めたそうです。

現在は民間の未婚の女性から選ばれます。

 

そんな毎年たった一人しか選ばれない

斎王代になってみませんか?

 

雅ゆきでは伝統的な十二単を体験する事ができます。

季節に合わせた色合い、皇室と同じ良質な絹で作られた衣装を着ることができます!

あなたが平安時代の姫君に大変身!

 

詳しくはこちら

ご予約はこちらから!