ホーム>雅ゆきスタッフブログ>2017年10月

2017年10月

着物を着て、日本を感じよう!

みなさんこんにちは!

着物をきるにはもってこいの季節になりましたね^^

11月15日は、「きものの日」

全日本きもの振興会が、着物普及を目指して制定されたとのこと。

全国で、きものに関するイベントや無料教室が行われています。

雅ゆきの母体である「京都きもの学院京都本校」でも、きものの日に合わせて

イベントを開催するんですよ♪

本校すぐ近くの京都三条商店街協力のもと

「無料着付教室&きものdeランチ・散策」

11月4日(土)10:00~

開催場所 三条商店街事務所

持ち物:きもの一式

費用は無料!ランチ代のみ実費(1,000円前後)

イベントの内容はこちらをクリック

10月28日まで受付中ですので、みなさまぜひお問い合わせ下さいね!

 

20171026132620.JPG

十二単を京都の雅ゆきで体験してみたらわかること

国民文化祭での宮廷装束のショーを見て、

ぜひ、十二単やってみたいということで、ご紹介いただいたお客様が、

先日来店頂きました^^

はじめは、ギャラリーのお連れ様がたくさん来られたのですが、

まずはお一人で、メイク・着付へ・・・

もちろんギャラリーの方にも見て頂きたいのですが、

まずは、「きもち」 が大事です^^

少しずつ、現実の自分から、千年の時を舞い戻って平安美人になるまで

その過程は、やっぱりご自分の楽しみですから♪♪

御本人様も、「ずっと見られているより、自分が変わりゆく姿を少しずつ楽しめて幸せ」

と仰って下さいました。

 

お衣裳の重みは、裕福であるということの証。

雅ゆきでは、本来の十二単の衣装と同じで、一枚一枚はおっていきます。

衣紋者も、お衣裳の意味などもご説明させて頂いていると

少しずつ、お客様の目の色が変わっていかれました。

「姫」に、なられていく瞬間ですね^^

お着付もあと少し、というところでお連れ様も登場。

「姫」としてご対面です^^ 心静かに、十二単のお着付のご様子を見て頂けました。

着終わった後、姫に今日の体験はいかがでしたか?とお聞きしたところ

ぽろぽろと涙が・・・

「着せてもらっている間、重みは、もちろんありますが、高貴なお方であり、また上に立つものとしての

責任や、姫である気品の高さも、衣裳に込められている・・・のかもと思うと、とても感動して・・・」

十二単に込められている「想い」も感じ取って体験して下さったのかと思うと

私たちもとても心暖かくなりました^^

2017102416380.JPG

 

十二単は、ただ着るだけではなく「装う」美しさの原点に通じる衣裳なのではないかなぁと

感じます。皆さんも、ぜひ体感しにいらしてくださいませ^^

ご予約お待ちしております!

 

雅ゆき

 

 

 

 

きものと十二単の専門店雅ゆきでは、セミナー出張も随時受付中!

10月にはいったと思ったらあっという間にHALLOWEENですね!

きもの姿の中にも、ちらちらとHALLOWEENにちなんだ

小物や、帯が目立ってまいりました。

着物で仮装パーティ仮装パーティーとかしたいですね!!

 

さて、今月は続けて学校での「セミナー」出張にいってまいりました。

雅ゆきは、着物文化普及活動の一環として、十二単をはじめ宮廷装束の実演セミナーの活動に

取り組んでいます。

今回は、京都府私立中学高等学校 「教育研究大会 」

20171022121526.JPG

一科目として 「十二単、束帯の着装解説セミナー」 を実施しました。

古典や家庭科の先生方の参加が多く、非常に関心を持って見ていただけました。

20171022121621.JPG

 

着装の最後には、衣紋道体験で帯の結び方などのレクチャーも行い、

教科書の中には無い、生の十二単や宮廷装束の世界に触れて頂きました。

 

20171022121640.JPG

 

2017102212163.JPG

 

歴史や文化の勉強をご教授される先生方が、こういった宮廷装束の歴史にも

ご興味をもっていただけたことで、生徒の皆様にもより深く日本の美しい伝統文化

装束について感心を持っていただければほんとうにうれしい限りです。

 

雅ゆきでは、場所や目的にあわ合わせて実演ショー・セミナーは随時取り組んでおります。

皆さまのご希望をおお聞かせくださいませ^^

ありがとうございました!

ページ上部へ
京都きもの学院 京都本校weddingサロン 雅ゆき 衣紋道モバイルサイトはこちら QRコードを読みこんでアクセス
京都観光は十二単と着物レンタルの雅ゆきで京都を楽しみませんか
〒604-8272 京都市中京区釜座通三条上ル突抜町807