ホーム>雅ゆきスタッフブログ>かさね色目
雅ゆきスタッフブログ

かさね色目

2013101895048.jpg
201310189518.jpg
 
こんにちは、衣紋者の青沼です。
梅雨に入ってから、雨がほとんど降らなかった京都ですが、今日は梅雨らしい一日でした。
 
雨に濡れた紫陽花は、美しさが増したようです。
 
さて、今日は「かさね色目」について、お話しましょう。
 
自然を愛で、自然界の色を衣装にも取り入れていた平安人。幾つもの色の重なりは「かさね色目」と呼ばれ、その色の組み合わせの美しさは、高い美意識と知性を感じさせます。
 
「かさね色目」には、幾つかの意味がありますが、特に、その美しさが際立つ十二単(女房装束)では、最初に着ける単(ひとえ)と、次に五枚着重ねる「五衣(いつつぎぬ)」との色のグラデーションを指します。
 
女房たちは、四季おりおりの花など、自然の風雅な趣を「かさね色目」に込め、その美しさを競いました。
 
五衣の上にも、更に衣装を重ねますので、色のグラデーションが分かるのは、衿と袖口、裾だけ、とわずかですが、だからこそ、より美しく感じるのかもしれませんね。
 
さて、雅ゆきでは、十二単体験に、今の季節の紫陽花の色を取り入れたような、美しいグラデーションの五衣が新しく入りました。
ワンランク上の十二単体験です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miyabi-yuki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/41

ページ上部へ
京都きもの学院 京都本校weddingサロン 雅ゆき 衣紋道モバイルサイトはこちら QRコードを読みこんでアクセス
京都観光は十二単と着物レンタルの雅ゆきで京都を楽しみませんか
〒604-8272 京都市中京区釜座通三条上ル突抜町807